MIZUKI'S ismus 

 

Mizuki Miura
soprano and tenor saxophonist,composer

Born in Yamanashi, Japan. Lived in big nature.

Have forest,flowers,sunshine,clean water,wild animals,five lakes and Mt.Fuji.

For the first time she touched a tenor saxophone in school club.At the same time she given the impact "it's for me" .

She entered repair of wind instrument school and know a variety of different music

by school friends and teachers. 

She started some band and played concerts. 

Reggae,jazz,avantgarde,hiphop,improvisation and perform experiment with other genre artists.

In 2013-2014,Lived in Berlin (DE) to inspire new music style and artwork.

She got the new saxophone sounds.

Concretely,classical,special techniques,digital-like and ambient.

In 2018, released first mini album "Cyclical".

Normally recording is done from the biggest hole on the saxophone.At this recording each sound by many holes. The music is composed by cutting and pasting sound.

She began to experiment again making new music.

 

 

 

Mizuki Miura

ソプラノ・テナーサックス奏者

山梨県出身。

森、花、太陽のひかり、きれいな水、野生動物、

5つの湖、富士山と、自然が溢れている田舎で育つ。

はじめて部活動でテナーサクソフォンを手にし、運命の楽器と廻り会った。

その後、管楽器の修理の学校へ入学。先生や友人達から幅広い音楽を知る。

またバンド・ライブ活動を開始する。

Regge、Jazz 、Avantgarde 、Hip Hop、 Improvisation 、

音楽以外のジャンルのアーティストと実験的なパフォーマンスを公演。

2013-2014年 ドイツ・ベルリンで過ごし、新しい音楽スタイルや芸術に影響を受ける。

クラシック、特殊奏法(現代奏法)、デジタル音に似る音、アンビエントの新しいサクソフォンの音を得る。

2018年 1stミニアルバム"Cyclical"をリリース。

通常のレコーディングでは、サクソフォンのいちばん大きな穴から録音するが、

この録音は、他のたくさんの穴から録音し、音の切り貼りをしながら作曲した作品。

再び、新しい音楽づくりをスタート中。